読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASTERSオフ優勝 鬼畜ゲンガナンス

 どうも、むぎのんです。8月7日のMASTERSオフで優勝したので、構築記事を書きたいと思います。

 といっても、前回とほとんど変わりません。なので、構築や、努力値の考えをすこし書きたいです

 

個体紹介

メガゲンガーcS

催眠、祟り目、ヘド爆、道連れ

 前回と同じ。ゲンガーはhSよりもcSのほうが良いと思っている。ゲンガナンスを使うときは「いかに数的有利を作るか」がとても重要。「催眠あてたけど火力足りずに落とされた」という状況を作りたくないのでcS採用。あと、道連れ警戒であえて一撃で落とせない技を相手が選ぶこともちょくちょくあるので、cSでもいいかな。

問題点はゲンガー対面に弱いことくらい。選出率は8/13

 

ソーナンスhB

アンコ、カウンター、ミラコ、道連れ

 前回と同じ。こいつは幸運の置物だと思っています。いるだけで仕事してくれる。

ゴツメナンスを一時期使ってましたが、すぐやめました。理由としては

1、見れる特殊アタッカーがかなり減ってしまう。

2、秘密や冷び持ちガルーラ多すぎる。

特に語ることなし。選出率1/13

 

ポリ2hB

電磁波、イカサマ、冷び、再生

 前回と同じ。パーティー最強の盾。放電採用しないのかという声がありましたのでお答えします。

うちのパーティーは全体的にsが遅いので、絶対に電磁波を入れなければならない場面が数多く存在します。所詮3割の技には頼れません。あと、放電入れても瞑想スイクンに勝てない、一体誰に放電打つのか。強いて挙げるならギャラくらいです。

どくどく採用はワンチャンあり。選出率は11/13で堂々の一位

 

メガリザY cS

放射、オバヒ、ソーラーB、気合い玉

 唯一の型変更。最速はガルーラと同速勝負するため採用。あとは100族未満のスカーフが一発でわかるから、ソーナンスが相当動きやすくなる。選出せずとも相手に相当のプレッシャーとXYの検定という悩みの種をまけるのが相当強い。こいつもう少しレートで増えてもいいと思っている。選出率は6/13

 

マリルリ hA

じゃれ、アクジェ、はたき、どくどく

 前回と同じ。s振りも考えたが1、クチートにどうせ勝てない。マリルリはリザ、ゲン、ポリ2でなんとかなる。2、hsメガゲンのヘド爆を耐えるためにもhになるべく振りたい。よってhA

 どくどくの枠を馬鹿力で採用していたがやめた。理由は

1、馬鹿力でも、ナットレイに勝てない。

2、そもそも馬鹿力が抜群の相手にはじゃれが刺さることが多い

3、対クレセリア性能が相当低くなる

 決勝はすべてゲンマリポリ2でした。このパーティーの基本選出です。選出率は9/13

 

マンムーAs

氷柱針、つぶて、地震、地割れ

前回と同じ。陽気だと対ガルド性能がガタ落ちするので意地っ張りにしてます。

地割れの枠はステロや馬鹿力、岩技などがありますが、「ゲンガナンスは削ることよりも倒すこと」を考えねばならない構築ですから、地割れを採用しました。

こいつはマリルリよりも選出率が低く4/13でした。理由としてはこいつは耐性に難があり、マリルリよりサイクル戦がしづらいというのがあります。こいつの一番の役割は選出誘導です。

下2体の採用理由は「物理アタッカーで技範囲が広く、先制技を覚えメガポケと相性補完ができている」からです。この条件を満たすポケモンってマリルリマンムーしかいないんじゃないだろうか。

 

予選は7勝2敗で一抜け。決勝は私の好きな実況者ライさんとの試合でした。

対戦した方々とスタッフの皆さん本当にありがとうございました。